スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北上川大賞典は、連覇を目指すライズラインでどやっ!

去年の岩手競馬で、いちばん悶絶したレースは、ライズラインが制した北上川大賞典でした。

2015北上川大賞典ライズライン
写真:岩手県競馬組合

ライズライン陣営の血と汗と涙が滲む調教過程といい、前走で折り合いに専念した点といい、覇気がビンビン伝わってきたパドックといい、復活ムードむんむんだったというのに、「ライズラインに2500mは長いっしょ~」とバッサリ切ってしまった。
おのれの節穴っぷりが情けなくて、めちゃくちゃ反省&後悔したっけな~。

12月4日(日)の水沢10Rは、北上川大賞典(ダート2500m)。
今年は迷わず、3番ライズラインに◎。距離適性は証明済みで、状態もよさそう。ライズラインを熟知する村上忍騎手が手綱を取る点もアピールポイントです。
○は1番ナリタポセイドン。前走は岩手の帝王ナムラタイタンを撃破。跳びが大きい馬なので、小回りな水沢コースへの対応が鍵となりそうです。
▲は10番オメガブレイン。園田からの転入初戦。水沢が合うかどうかはわかりませんが、未知の魅力に少しだけ賭けてみたい。

単勝3番と、馬単3→1と、3連単3→1→10でどやっ。

◆「北上川大賞典」の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら
スポンサーサイト

今日はナムラタイタン復帰戦。明日は女性ジョッキーの競演!

岩手の現役最強馬が、いよいよ戦いの場に帰って来る。

01ナムラタイタン
今年6月、茨城県のブルーステーブルで英気を養っていたナムラタイタン。
この馬体、とても10歳馬とは思えません!

11月6日(日)の盛岡10Rは、絆カップ(ダート1600m)。
◎は10番ナムラタイタン。6ヶ月ぶりの実戦となりますが、休み明けの成績は抜群。一足先に復帰した坂口裕一騎手と共に、連覇を目指します。

○は3番ライズライン。盛岡マイルは得意な条件。7着だった南部杯の走破時計は1分36秒2。時計の出やすい馬場状態ではありましたが、好タイムをマークしました。コパノリッキー、ベストウォーリアといった強い馬達と戦ったことで、一皮むけたライズラインを見られるかも。

▲は5番ナリタポセイドン。マイルは少し距離が短い感じもしますが、9月まで中央のオープンクラスを戦ってきた実績&前走の快勝ぶりに敬意を払わずにいられません。

そんなわけで、◎はナムラタイタンなのですが……馬券は少しヒネッて、○ライズラインから勝負します。
3番ライズラインの単勝、馬単3→10,3→5、3連単1着固定で3→5,10→5,10で、どやっ!

そして今シーズンのラスト盛岡開催となる7日(月)には、レディスヴィクトリーラウンドの第1ステージが行われます。

02レディースV

女性騎手として歴代最多勝利記録を持つ宮下瞳騎手(名古屋)が、出産を経てレースに帰ってきたー☆
紅葉に彩られたオーロパークで、華やかな女の戦いが繰り広げられます!

◆日曜「絆カップ」の馬柱は、こちら
◆月曜「レディスヴィクトリーラウンド盛岡・第1戦」の馬柱は、こちら
◆月曜「レディスヴィクトリーラウンド盛岡・第2戦」の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

不来方賞&菊花賞は、渾身の一点勝負!

あわせうま

今日は楽しい不来方賞(こずかたしょう)♪
盛岡競馬場の売店でメイセイオペラのポストカード販売開始♪
朝イチの無料バスで、競馬場に乗り込むぞー♪

てなわけで、張り切って早起きして、JR東北本線に乗り込んだ。ところが…。
矢幅駅の手前で踏切トラブルが勃発して列車がストップ。9時15分に盛岡駅を出発する無料バスに、5分だけ間に合わなかった。え~ん。

次のバスは1時間後。時間つぶしがてら、喫茶店でモーニングをとることにした。
で、ホットサンドを一口食べたその瞬間。
虫と目が合った。
いや、正確に言うと、パンにへばりついて絶命した虫を見つけてしまった。うえ~ん。

ホントに小さな虫だったのでクレーマーみたいで気が引けたのだが、店員さんに言って作り直してもらった。なんかスミマセン…。
朝っぱらからプチアクシデント2連発。勝負前なので地味にヘコむ。
さらなるアクシデントに見舞われたらどうしよう。
ていうか、ちゃんと競馬場にたどり着けるのだろうか…。

不安をつのらせながらバスに揺られること30分。
盛岡競馬場にたどり着いた。

ペガサス
最近、わけあって記念碑や馬像が気になる。このペガサス像はおいくら?

ひとまず無事にたどり着いてホッと一息。
あとは馬券を当ててスカッとしたいべじゃ。

本日の盛岡11Rは、岩手3歳クラシックの二冠目・不来方賞。
今年で48回目を迎える伝統の一戦。

本命は4番エンパイアペガサス。 現在破竹の7連勝中。地元に敵なし。
対抗は10番サプライズハッピー。2000mは少し長いかもしれないが、脚の使いどころ次第でなんとか。
3番手は6番ウインバーニング。未知の魅力を秘めた1勝馬、金沢の名手・吉原寛人はどう乗るか。

おそらくこの3頭が、1~3番人気。1点で仕留めたい。
4→10→6の3連単で、どやっ!
ちなみに菊花賞はウムブルフの単勝で、どやっ!

◆不来方賞の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

冬が来たぞー/盛岡芝1000mのスペシャリストを探せ!

9月の末、旅打ち巧者の浅野靖典さんと、九州を旅した。
馬券を買ったり、牧場を訪ねたり、馬券をしこたま買ったり、九州を満喫してきた。
珍道中の模様は、11月2日(水)にグリーンチャンネルで放映される予定です。

ロケの前日から九州に入ったのだが、真夏のような暑さでたまげた。
秋服しか持ってきてなかったので、あわてて半袖や麦わら帽子を買い込んだ。

熊本にて。
熊本の本田土寿牧場にお邪魔したあとの食事会にて、記念撮影。
偶然のおそろい☆


熊本ロケでは、日中の気温が33度にまで上昇(真夏!)した。
それからあちこち旅して、気温のアップダウンにヒイヒイ言ってたら……。

今朝、岩手のアジトの室温は10度だった。
冬が来たぞー。体がついていかないぞー。
それでも10月いっぱいは、薄手のダウンでがんばろう。
今から厚手のダウンを着てたんじゃあ、真冬に着るもんがねぐなっがら~。

10月22日(土)の盛岡11Rは、OROターフスプリント(芝1000m)。
◎は4番エゴイスト。盛岡芝1000mのスペシャリストには逆らえぬ。
○は1番ウインミラージュ。この馬も盛岡1000mは大得意。
馬連1-4で、どやっ!

◆OROターフスプリントの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

若駒賞は一騎打ち!?

161010-kuchidori.jpg

南部杯はコパノリッキーが1分33秒5という驚異のコースレコードで、GI8勝目をゲットした。
リッキーの進化が止まらない!

リッキーの次走は、11月3日に川崎競馬場で行われるJBCクラシック。
ダート無敗のアウォーディーに、一度叩かれて良化必至のホッコータルマエ。
サウンドトゥルーにノンコノユメ、クリソライト……。
今年のフェブラリーステークスの勝ち馬モーニンが補欠にまわってしまうほどの層の厚さにたまげつつ、ワクワクのエスカレートも止まらない!

旅費と馬券代をたっぷり用意して、川崎に乗り込むぞ♪

10月17日(月)の盛岡11Rは、2歳重賞の若駒賞(ダート1600m)。
若駒賞の1着馬2着馬は、3歳クラシックでも活躍する。
同世代ライバルストーリーの幕開けになることも多い出世レースに胸踊る。

2戦2勝のベンテンコゾウに大器の予感。短距離馬を輩出する印象が強いサウスヴィグラス産駒だが、レースセンスがいいのでマイルもこなせそう。
ビギナーズカップを快勝した差し馬・サンエイリシャールは馬っぷり抜群。距離延長もプラス材料だ。

そんなわけで、7番ベンテンコゾウと8番サンエイリシャールの馬複で勝負。
2頭の一騎討ちを見たい!

◆若駒賞の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。