FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり賞

 ひゃほーい。フェアリーCとマーキュリーCが、連チャンで当たったぞーい。なにを隠そうこのコラム、4月から連敗街道を突っ走っていたんです。やっと当たった。ほんとよかった。よーし。お次は万馬券や!
 昨年のひまわり賞はコウギョウデジタル(2番人気)が圧勝するも、3連単20万馬券の大波乱。波乱の立役者は、2着サクラタイシ(9番人気)と3着フジノチーター(8番人気)。この2頭はいずれも「前走ハヤテスプリント組」。1000m→2000mの距離延長は一見無謀だが、短距離線で行き脚がついてスムーズに先行できたことが、結果に繋がったようだ。てなわけで、前走ハヤテスプリントなラブチェリー、ダンスママに、距離が合いそうなインフラレッドレイ、ダートでも悪くはないターントゥタイドを加えて、馬単&3連単の4頭ボックスでどや!
スポンサーサイト

マーキュリーカップ

 グリーンチャンネルの中継キャスターを務める小堺翔太さんは、無類の競馬好きだ。ふじポンと私が、岩手の本馬場入場曲(に勝手に歌詞をつけたシロモノ。作詞・ふじポン)を口ずさんでいると、「それ、岩手の入場曲ですよね!」と一発的中させるほどの猛者である。仕事もできるし人柄も素晴らしい。こんな若手のホープは滅多にいないので、翔太さんは先輩達に愛されている。
 競馬マスコミに愛される人といえば、橋口弘次郎調教師。「わが橋口愛」を熱弁する人がうじゃうじゃいる。私は師と面識もないのに、伝え聞くエピソードによって、いつの間にか橋口ファンと化していた。そんなわけで。ダービーでワンアンドオンリーの単勝を獲らせてもらった感謝を込めて、ナイスミーチューの単勝で勝負する。「斤量55kg」を生かして、一発かましてほしい!

フェアリーカップ

 先週は盛岡競馬場へ。久々の岩手にテンション上がりまくりだったのだが…なにかがおかしい。暑くないのに汗が噴き出る。動悸息切れ。うっすら胃が痛い。ちっとも馬券が当たらない(これはいつものことか)。エスカレーターでつるりと滑って、足の親指を強打。いでで。うう、完全に調子狂ってるわあ。と、悶絶していると。松尾編集長に「更年期か?」と突っ込まれた。な、なぬー。ちがわい。旅疲れだっつうの!
 なんて、些細なことで逆上してしまうところが、更年期の証かも…。こりゃいかん。36歳古馬牝人の夏、まろやかな大人の女を目指したい。
 そんなこんなで、おほほ。フェアリーCは、ふんわりまろやか予想でごめんあそばせ。盛岡巧者コウギョウデジタル、奥がありそなマムティ、前走鮮やかカミノマーチのワイドボックスでいかがかしら?
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。