FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウケイニセイ記念

白嶺賞は1着ライズライン、2着クロワッサン。クロワッサンの複勝ゲットに浮かれて調べてみると、牡牝混合の古馬重賞における岩手デビュー馬のワンツーフィニッシュは、なんと今シーズン初。実績馬が続々と転入してくる中、年若い岩手デビュー馬の力走がキラリと光った。もちろん転入馬の存在も不可欠で、クロワッサンのような馬は、並み居る転入馬に激しく揉まれながら、コツコツと力をつけてきたのだと思う。
 どんな出自の馬にも、どんな成績の馬にも、その背景には、試行錯誤を繰り返しつつ愛馬を育むホースマンがいる。よし。今シーズン、雨にも風にも雪にも負けず、競馬を楽しませてくれた人馬に感謝を込めて、トウケイニセイ記念に有り金をぶち込もうではないか。クロワッサンとライズラインとダノンボルケーノの馬単&3連単ボックスで、どや!!
スポンサーサイト

金杯

中央で6戦して未勝利に終わった3歳馬が、岩手にやって来たのは一昨年の夏。このコミュニティという馬が4歳の終わりに桐花賞を勝つなんて、誰が想像できただろう。しかも負かした相手がナムラタイタン。山本政聡騎手は「やっと大きな壁を越えることができた」と言った。私はハッとした。コミュニティの心身は、強いタイタンと一緒に走ることで鍛えられたのだ。コミュニティが勝ったり負けたりしながら地道に力をつけていく過程を体感できて嬉しいな。岩手に住み着いてよかったな。馬券はかすりもしなかったけど、なんだか幸せな大晦日でした。今年もいろんな過程を目撃しよう。そして今年こそはドカンと儲ける。金杯は実績一番スペクトル、寒菊賞で末脚キラリのトーホクライデン、そろそろ来そうなラブブレイブの3連単ボックスでどや。お年玉プリーズ!

桐花賞

有馬記念は、自信満々でゴールドシップの単勝を3万買った。思ったより人気したけど、10万にはなる。年末年始の種銭も、家賃電気代ガス代水道代も餅代も栗きんとん代も確保できる。そう思ったんです。が。
 スローペースめ。
 悔しい悔しいお金がほしい。くそー、桐花賞は1点で当てたるわ!
 桐花賞はスローペースにならない。なぜならモズが、持ち味を生かしてビュンビュン逃げるから。そしてラストは、岩手の大将・ナムラタイタンがきっちりかわす。北上川大賞典後、勝ったにもかかわらず課題を口にした坂口裕一騎手。その向上心を信じる。そんでもって、前走の冬至特別で復調を感じさせた昨年の覇者・スーブルソーも突っ込んで来る。てなわけで、タイタン→モズ→ルソーの3連単でどや。美味しいお雑煮食べたいんや。餅代プリーズ!

白嶺賞

岩手に住んでみて気づいたこと。あちこちに美味しいパン屋さんがある。盛岡なら、福田パンやシライシパン。水沢なら、こがねパンや、「キリンパン」で有名なパン工房マルキ。ああーキリンパン食べたいー。
 クロワッサンという4歳の栗毛馬がいる。2歳の終わりに水沢でデビュー勝ちして以降、コツコツと勝ち星を重ね、クラスを上げてきた。31戦15勝、2着8回。堂々たる戦績。「キリンパンを作っている人がオーナーだよ」と教えられて以来、注目していて、何度か馬券を獲らせてもらった。管理する小林義明調教師いわく、「真面目で前向きで、闘争心がある」。今回、満を持して重賞初挑戦。相手は強くなるけれど、実績馬が続々と転入して来る中、奮闘する岩手はえ抜きを応援したい。クロワッサンの単複で勝負。当たったらキリンパンを大人買いするべじゃ!

寒菊賞

部屋から出られず。布団さえ出られず。降り積もる雪におののき。槍のように尖ったつららに怖気づき。
灯油の残量におびえてながら引きこもってるうちに、気がつけば師走もなかば。2014年をビシッと締めくくりたいけれど、
寒すぎて心も体も凍えてしまう。思考回路がかじかんで、馬券がちっとも当たらねえ。
 あ、いま私、寒さをいいわけにしました。こんな私に誰がした。誰のせいでもありません。
問答無用でおのれが悪い。寒菊賞は灯油をケチらずストーブがんがん焚いて、こたつの温度をマックスにして予想しよう。
いいわけライフに別れを告げて、凍てつく早朝から調教に励み、田んぼのような馬場でレースに臨む人馬に感謝を込めて。
着実に力をつけているスペクトルと、カオスな馬場で光りそうな血統&先行脚質に惹かれるグッドギアーの馬複で勝負!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。