FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスターカップ

馬を見ただけで「成長したなあ」とわかることは滅多にない。だけどラブバレットは例外で、素人目にも“違い”がわかった。それもそのはず、休養中に30キロ近く体重を増やし、ムキムキになって帰ってきた。3歳時はあどけなかった顔も、眼光鋭い大人の男に大変身。顎っぱりも立派になって、休養前につけていたメンコが入らなくなったという。
 さあクラスターカップ。岩手代表ラブバレットに特大の◎。好メンバーがそろった浦和さきたま杯で好勝負を演じて4着。岩鷲賞では昨年の年度代表馬ナムラタイタンに敗れたが、強い馬と戦った経験が糧となる。対抗は昨年の南部杯のパドックで一目惚れしたポワゾンブラック。南部杯2着で盛岡適性も証明済。ラブバレット&ポワゾンブラック軸の3連複総流しでどや。さらに、ラブバレットの単複にしこたまぶちこむ!
スポンサーサイト

ひまわり賞

先週の日曜は高知競馬場へ。場内モニターでせきれい賞を観戦し、レジェンドロックの強さに舌を巻く。まだ3歳、今後がホントに楽しみだな~と興奮してたら、隣でおじさんが身悶えている。そして馬券を見せてくれた。あ、レジェンドロックとモズの3連単2頭軸流しだ…。
「3着の馬(9番人気エイトプリンス)は、入れちょったのにい~!」
 うわ~惜しい。モズは強いけど、謎めいた馬やきねえ。などとお悔やみを述べながら、単勝的中の喜びをこっそり噛みしめた。えへ。久々の会心。ま、払い戻しは「夜さ恋ナイター」で使い果たしたんですけどね。だけど楽しかったからヨシ。あのおんちゃん、ひまわり賞でリベンジできるといいな。なんてことを思いながら、前走古馬と互角に渡り合ったヴァイキング&東海ダービー2着馬・ツリーハウスの馬複でどや!

せきれい賞

現在は浦和競馬場に腰を据えて南関東で騎乗する内田利雄騎手が、せきれい賞に“里帰り“参戦。内田騎手から伝言を預かりました。「百万ドルの流し目は健在なので、カメラを持ってパドックへお越しください」
 宇都宮競馬が生んだ名手・ミスターピンクが、前代未聞のさすらいジョッキーとして岩手で再デビューしたのが2005年の6月。あれから10年の月日が流れ、今では当たり前のように活用されている短期騎乗や重賞スポット騎乗の制度は、地方競馬間を隔てる壁を根気よく溶かしていった内田騎手や、先駆者を真っ先に受け入れた岩手競馬の功績なのだ。凄いのだ。と、あらためて感慨にふけりながら、せきれい賞を予想する。狙うは生粋の芝巧者・レジェンドロック。オパールカップで強豪と戦い、厳しい流れや激しい2着争いを経験したことが生きるはず。単勝でどや!

すずらん賞

こう暑いと自炊ができない。自炊する→生ゴミ発生→腐敗→ようこそ私の汚部屋へ。なので。夏の食生活は、近所のスーパーの半額弁当に支えられている。半額ハンターが動き出すのは午後8時。閉店1時間前。7時台だとまだ30%引きだから、機が熟すまでは空腹でも我慢する。おばちゃんが半額シールを貼ってる最中であれば、あからさまなマークは無粋。ハム売り場あたりに潜伏して様子をうかがう。さりげなく獲物をゲットするのが、半額ハンターのたし
なみ。「あら、たまたま手にとったお弁当が、お買得ざます♪」みたいな顔でね。とまあ、半額弁当攻略法には自信あり。だけど馬券の攻略法を見つけられないものだから、せっかく浮かせたお金を溶かしてばかり。すずらん賞。ランドオウジ&アフリカンハンターの馬複を当てて、素敵な馬券ハンターに転身したい!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。