FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手の味覚とウイナーカップ

01ジャンボ焼き鳥
盛岡競馬場名物のジャンボ焼き鳥。ジャンボっぷり、伝わるでしょうか。

3週間に渡る全国ダービー行脚は、ディアマルコという牝馬が快勝した高知優駿がゴール。
高知生え抜きの馬がダービーを勝つのは、なんと16年ぶり。
ええもん見たぜよ。馬券も当たったしウシシ。なんてほくそ笑みながら愛媛に帰省したら熱発した。ダービー満喫しすぎた。

関係ないけど……熱が出たとき、以前は「発熱」と言っていたけれど、競馬を始めてからはもっぱら「熱発」。
競馬用語を日常会話に混ぜ込みたくなるのは、競馬ファンあるあるだと思う。
「今日の飲み会は、熱発で回避します」とか、「あの人は馬っ気が強いからねえ」とか。
モテる男性を、「あいつはリーディングサイヤーだよ!」と言ってみたり。
最近のヒットは、「この男は、歩く種馬場だからね」。スケールがでかくて好き。

そんなこんなで、4日ほど寝込んで状態上向き。
だんだん食欲わいてきた。

02花巻空港いくらおにぎり
花巻空港1階売店の「いくらおにぎり」。
美味しいしボリュームあって◎。

03FDA
フジドリームエアライン(FDA)の機体はカラフルで、この日は8枠カラー。
岩手~名古屋~高知を繋ぐFDA、よく利用します。岩手にも名古屋にも高知にも競馬場があるので。

04機内食
花巻~名古屋間ではパンくれる。
なかなか美味。

05まめごろうとかもめのたまご
お土産用のまめごろう&かもめの玉子を自分で食べるという暴挙。

06うに☆
回転鮨「清次郎」にて。三陸産のムラサキウニは今が旬。
そろそろ岩手に帰ろかな~(ヨダレ)。

6月25日(土)、水沢競馬場で行われる3歳重賞・ウイナーカップ(ダート1400m)。
前走のパドックで馬っぷりが輝いていたノーノーイエース、坂のある盛岡より平坦な水沢の走りのほうが断然いいカントリーサイン、転入初戦を快勝したトドイワガーデンの3頭を狙う。
馬連&3連単4-8-9で、どや!

◆ウイナーカップの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆ダービー全国行脚の模様は、こちら
スポンサーサイト

馬運車とみちのく大賞典

盛岡競馬場と水沢競馬場。
ふたつの競馬場で交互にレースが開催される岩手競馬。盛岡にも水沢にも厩舎がありますから、シーズン中は馬運車が大活躍します。
で、その馬運車には、1台1台に名前がついています。

01トウケイニセイ
トウケイニセイさん

02メイセイオペラ
メイセイオペラさん

03スイフトセイダイ
スイフトセイダイさん

この3頭の共通点は、岩手が生んだ名馬であること。
そして伝統の「みちのく大賞典」の勝ち馬であること。

トウケイニセイは1993年の勝ち馬。
メイセイオペラは1998、1999、2000年と3連覇。
スイフトセイダイは1990、1991年と連覇(1991年はグレートホープと同着優勝!)。

こうして岩手の馬運車には、みちのく大賞典の勝ち馬の名が刻まれています。
今年はどの馬の名が、馬運車に刻まれるのでしょうか。

6月19日(日)、盛岡競馬場のダート2000mで行われる「第44回みちのく大賞典」。
岩手の現役最強馬・ナムラタイタンは、牧場で早めの夏休みを満喫中(たぶん)。
昨年の覇者であるコミュニティにとっては、負けられない一戦です。
ただ、今年のみちのく大賞典が水沢ではなく盛岡で行われる点は、ちょっぴり気になります。
コミュニティは盛岡でも結果を出しているけれど、水沢のほうが得意なので。
そこで気になるのが、オメガスパーキング。長くいい末脚が炸裂すれば、コミュニティ撃破もあるかも? そうすれば“馬運車のオメガスパーキング号”が生まれることになる。
てなわけで、馬連3-4でどやっ!

◆みちのく大賞典の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆全国ダービー行脚の模様は、こちら

盛岡競馬場の風景~6月編~

01馬像
2016年6月5日。
翌日にダービーを控えた盛岡競馬場は快晴。
ダービーデーも晴れるみたいで、心が浮き立ちます。

02青空とパドック
晴れた日のパドックって、ホントに気持ちいい。

03久慈デイ☆
本日限定で開催された「久慈市観光物産展」。

04まめぶ汁
「まめぶ汁」は甘くて香ばしい。

05海女ちゃん☆
久慈市山形町名物・短角牛のたんくんと、海女さん☆

06じぇじぇじぇ
じぇじぇじぇ~!
6月12日(日)に、岩手県久慈市山方町で、「全国闘牛サミット」が行われるそうです。

07早池峰スーパースプリントのパドック
早池峰スーパースプリントのパドック。

08ゴール板☆
早池峰スーパースプリントは、2番手でレースを進めたサカジロヴィグラス&坂口裕一騎手が、逃げ粘るエゴイストを撃破。

093連複を当てたふじポン
サカジロヴィグラスの写真を撮りそびれるという、痛恨のミス。
なので3連複を当てたふじポン(馬柄服着用)をパシャリ。

そんなこんなで、岩手ダービーダイヤモンドカップは――。
エンパイヤペガサスでかたいのか? それとも……。
結論は「あなたに賭けたくて」に掲載予定です。

◆岩手ダービーダイヤモンドカップの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆ダービー全国行脚の模様は、こちら

菅原辰徳の雄叫び&ガッツポーズが炸裂する!?

スーパースプリントシリーズ2016が開幕します。
スーパースプリントシリーズとは、1000m以下のレースのみで構成されるシリーズ競走です。
6月5日(日)に盛岡競馬場で行われる「早池峰スーパースプリント(ダート1000m)」が、今年からトライアルレースに加わりました。

◆トライアル
6月5日(日) 盛岡  早池峰スーパースプリント 1000m
6月16日(木) 川崎  川崎スパーキングスプリント 900m
6月21日(火) 名古屋 名古屋でら馬スプリント 800m
6月23日(木) 門別  グランシャリオ門別スプリント 1000m
6月30日(木) 園田  園田FCスプリント 820m

◆ファイナル
7月20日(水) 船橋 習志野きらっとスプリント 1000m

01ラブミーチャン
笠松の快速牝馬・ラブミーチャン。
数々のタイトルを獲得したミーチャンは、「スーパースプリントシリーズ3連覇」という勲章も持っています。
2015年生まれの初子は、父ゴールドアリュールの男馬だそうです。

そんなわけで、「早池峰スーパースプリント」はトライアルの第1弾。
生粋のスプリンター・エゴイストや、転入初戦のアルベルディ、安定感のあるエーシンシャラクなどが人気を集めそう。
1000m戦ゆえに行ったもん勝ちなのか。それとも先行争いが激化して差し馬の出番なのか……。
悩んだ末に、ちょっぴり冒険してみることにしました。
デュアルスウォードを狙います。
デュアルスウォードはちょうど1年前に行われた早池峰賞(ダート1200m)の勝ち馬。
菅原辰徳騎手に、嬉しい重賞初制覇をプレゼントしました。

02デュアルスウォード
辰徳騎手の絶叫&ガッツポーズが炸裂☆

昨夏の出走取消以降、いまひとつの走りが続いていましたが、前走は2着に食い込んで復調ムード。
中央5勝の底力を、1年ぶりに見せつける予感がします。
単勝&複勝で、どや!

03菅原辰徳三人衆

◆早池峰スーパースプリントの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆ダービー全国行脚の模様は、こちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。