FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北上川大賞典は、連覇を目指すライズラインでどやっ!

去年の岩手競馬で、いちばん悶絶したレースは、ライズラインが制した北上川大賞典でした。

2015北上川大賞典ライズライン
写真:岩手県競馬組合

ライズライン陣営の血と汗と涙が滲む調教過程といい、前走で折り合いに専念した点といい、覇気がビンビン伝わってきたパドックといい、復活ムードむんむんだったというのに、「ライズラインに2500mは長いっしょ~」とバッサリ切ってしまった。
おのれの節穴っぷりが情けなくて、めちゃくちゃ反省&後悔したっけな~。

12月4日(日)の水沢10Rは、北上川大賞典(ダート2500m)。
今年は迷わず、3番ライズラインに◎。距離適性は証明済みで、状態もよさそう。ライズラインを熟知する村上忍騎手が手綱を取る点もアピールポイントです。
○は1番ナリタポセイドン。前走は岩手の帝王ナムラタイタンを撃破。跳びが大きい馬なので、小回りな水沢コースへの対応が鍵となりそうです。
▲は10番オメガブレイン。園田からの転入初戦。水沢が合うかどうかはわかりませんが、未知の魅力に少しだけ賭けてみたい。

単勝3番と、馬単3→1と、3連単3→1→10でどやっ。

◆「北上川大賞典」の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。