FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トシヤと叫ぶぞ南部杯!


昨年の南部杯は、ベストウォーリアが連覇を達成。
今年も参戦のベストウォーリア、2006~2008年の南部杯を制したブルーコンコルドに続いて、三連覇という快挙を成し遂げるのだろうか。

2015ベストウォーリア
【写真提供:岩手県競馬組合】

しかし今年のメンバーは、一気にレベルアップ。
帝王賞の勝ちっぷりが素晴らしかったGI7勝馬・コパノリッキーに、史上初のGI10勝馬・ホッコータルマエが、みちのく岩手にやってくる。

10月10日(月・祝日)の盛岡11Rは、マイルチャンピオンシップ南部杯(ダート1600m)。
今年で29回目を迎える大一番です。
コパノリッキー・ホッコータルマエの一騎打ちか。
それともベストウォーリアの盛岡マイル適性が炸裂するのか。
まあこの3頭に、アスカノロマン(帝王賞の敗戦で見限るのは早計か)がどこまで食い込めるか、ってところかな?
てな感じで、いつになく冷静に予想を進めていたのですが……。

ラテンロックの戦績を見て、にわかに胸がざわめきはじめた。
これまで15戦して5勝、2着3回。
15戦すべてがダート1400mで、おおむね先行している。
1400m戦で先行してるってことは、1600mは労せずに先行できるんじゃね?
南部杯って、先行馬が活躍してる気がするぞ。

そう思って調べてみたら、過去5年の連対馬10頭のうち9頭は、4コーナーを先頭か2番手でまわっている。
唯一の例外は、2010年に圧倒的1番人気に推されて2着だったエスポワールシチーのみ。
この時の勝ち馬は4番人気の伏兵・オーロマイスター。11番人気の高知馬・グランシュヴァリエが3着に食い込んで、3連単130万馬券という大波乱が勃発した。

オーロマイスターの4コーナーの位置取りは、「2番手」。
ラテンロックはここ3戦、4コーナーを「2番手」でまわっている。

もう、ラテンロックしか見えない。
あとは9月に1ヶ月で30勝を挙げ、10月に入っても絶好調な鞍上・山本聡哉騎手にすべてを託す。

トシヤ騎手

9番ラテンロックの単勝複勝、ラテンロック軸の馬連馬単3連複3連単で、どやっ!

◆南部杯の馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

Facebookブルース/芝1000m重賞ハーベストカップ!

「メイセイオペラ記念碑建立委員会」が発足し、ブログとFacebookを開設しました。

■活動報告ブログ
■Facebook

ふぇいすぶっく

ブログはなんとかなるのだが、Facebookが謎すぎる。
シェアとかリーチとかタグ付けとか。
いんさいと?? あくてぃびてぃ???

でも日本語ならだいじょうぶ。「いいね!」なら私にもできるぞ!
と思って張り切りクリックしたら、おのれの投稿に「いいね!」を押していた。
じゃじゃじゃ。押ささったべじゃ。おしょす……。

てな感じでドタバタしつつ、動きはじめた「メイセイオペラ記念碑建立委員会」。
10月9日(日)は東京競馬場の101投票所(フジビュースタンド1階の岩手競馬場外発売所)で、メイセイオペラのポストカードを販売します。3枚セットで500円です。
10月10日(月)は盛岡競馬場のアトリウム1階で、同じくポストカードを販売します。
どうぞよろしくお願いいたします!

10月9日(日)の盛岡11Rはハーベストカップ(芝1000m)。
盛岡芝1000mは2戦2勝の3番エゴイストと、前走の差し脚を芝でも発揮できるような気がする7番スマートアレンジに惹かれる。
馬連3-7で、どやっ!

◆ハーベストカップの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

この男前は誰だ!?/群雄割拠なOROカップ!

01ノーザンファーム天栄の周回コース
先日、福島県の「ノーザンファーム天栄」に行ってきました。
天栄では、岩手競馬の元ジョッキーや元厩務員さんが、何人も働いています。

02久々の再会!
久々の再会!

03謎の厩舎長
この男性は、東出昌大さんです。
うそです。とある名馬の担当厩務員だった方です。
詳しくは、グリーンチャンネルの岩手競馬情報番組「iちゃんねる」でお伝えします。
9月29日(木)の21時オンエアです。ぜひご覧ください!

9月25日(日)の盛岡11Rは、芝馬大集合なOROカップ(芝1700m)。
せきれい賞を制したパーティメーカー(浦和)、前年覇者のロゾヴァドリナ(大井)、JRAの芝で3勝しているヒロノプリンスが、はるばる岩手にやってきます。

迎え撃つ岩手勢は――。
芝適性抜群な3歳馬サンエイゴールド、芝重賞2勝のブレークビーツ、芝レースでは常に馬券圏内なロケットボールは、最近の成績に惹かれます。
実績馬ダイワマッジョーレやブレイズアトレイルが復活しても不思議なし。
重賞で好走しているタイセイメテオや、ツクバコガネオーも虎視眈々。

出走馬13頭のうち、印をつけたい馬が11頭もいる。
◎○▲△△△△△△△△。いやいやいや。

で、さんざん悩んでこんなん出ました。
◎4番サンエイゴールド
○1番ロケットボール
▲2番パーティメーカー
△12番ロゾヴァドリナ
△6番ダイワマッジョーレ

メンバー的に、流れが速くなりそう。
ならばサンエイゴールドがズバッと差し切るような気がする。
2400mのせきれい賞は3着だったけど僅差だったし、1700mのほうが、レースがしやすいと思うんです。
そしてロケットボールは、「スローペースが響いて差し切れず」という競馬が目立つ。
相手は強くなるけれど、その分、ロケットボールの末脚が生きるペースになるはず。

てなわけで、サンエイゴールド&ロケットボールの馬連と、この2頭を軸にした3連複総流しで、どやっ!

◆OROカップの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら

穴を狙うぜジュニアグランプリ!

02大金星のシークロム
青藍賞の注目ポイントは、「全国で戦う快速馬ラブバレットに、同期のライズラインがどこまで食らいつけるのか」。
ところが蓋を開けてみれば、第3の男シークロムが、まんまと逃げ切って大金星。
ラブバレットは2着、ライズラインは3着。

03たしかに黒光りしてたシークロム
そりゃたしかに、パドックで艶々と黒光りしてたシークロム。
だけどまさか、ラブバレットを負かすとは!
シークロムとライズラインを管理する千葉幸喜調教師は、レース後に言いました。
「シークロムにもライズラインにも、勝てる力はあると思っていました。ただ、強いラブバレットに、淡々と逃げられたら勝ち目はない。ラブバレットに『前も見なきゃいけない、後ろも見なきゃなんない』っていう状況を、作りたかったんです」
作戦がドンピシャでハマったのですね。

04阿部英俊騎手のダブルピース☆
シークロムの手綱をとり、スローな流れを演出した阿部英俊騎手は、3年ぶりの重賞制覇。
「怪我から復帰して初めての重賞勝ちだったので、恥ずかしかったけどガッツポーズしました」
レース後も弾ける笑顔でダブルピースが炸裂☆ 本当におめでとうございます!

「競馬に絶対はない」という格言を、改めて知らしめられた青藍賞でありました。

9月18日(日)の盛岡12Rは、2歳の芝重賞・ジュニアグランプリ(芝1600m)。
5頭の遠征馬を迎えて行われる、地方全国交流競走です。
若鮎賞の勝ち馬メドゥシアナが出走を取り消したこともあって、遠征勢が優勢ムード。
コスモス賞3着のエイシンクローバー、クローバー賞4着のタイセイプロスパーの芝実績は相当なものだし、芝未経験のミルグラシアス、ジョワラルム、プティソレイユも侮れない。

でもなー。去年も遠征馬強し! という下馬評だったけど、岩手のソロフライト(10番人気)が激走1着、単勝9050円、3連単17万4130円という高配当が飛び出したんだよな~。
てなわけで思い切って、岩手の馬――6番ダズンフラワーを狙ってみる。
若鮎賞では3角からずるずる後退したにも関わらず、ゴール前で盛り返して3着。
まだ奥がありそうなレースに希望を見いだして、6番の単勝&複勝でどやっ!

◆ジュニアグランプリの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら



おらぁ、純栗羊羹がぁ、食いてぇ~!

昨年4月、奥州エフエムの「Fine」という番組内に、「井上オークスの水沢競馬場○○な話」なるコーナーをこしらえていただいた。
以来、毎週金曜PM3時15分頃から20分ほど、岩手競馬の話をべらべら喋っている。
いや、MCの高橋ゆきえさんの介添えが絶妙なものだから、べらべらべらべら喋ってしまう。

昨日も調子に乗って、「馬券を当てて、栗羊羮を食いてえ~!」などと欲望まるだしでコーナーを締めて、スタジオを出た。すると。

IMG_20160916_161153.jpg

控え室に岩谷堂羊羹を製造販売する回進堂の方がー!
そしてちゃっかり、できたてホヤホヤの「純栗羊羮」をいただきました♪

IMG_20160916_161312.jpg

うま~!!

岩谷堂羊羹は、奥州市が誇る銘菓。
一口サイズの羊羹はちょっと甘いものがほしいときにピッタリだし、お土産としても重宝します。
そんなわけで、季節限定の純栗羊羹をたらふく食べるために、今週もがんばります。

9月17日(土)の盛岡11Rは、3歳重賞のイーハトーブマイル(ダート1600m)。
実績的にはエンパイアペガサスとメジャーリーガーが抜けているが、両馬とも一頓挫あった。
そんなわけで、月1ペースで順調に使われてきたチャイヨーを狙いたい。
マイルはベストだし、鞍上の阿部英俊騎手は3年ぶりの重賞制覇を果たしてノッてるし。
5番チャイヨーの単勝で、どやっ!

◆イーハトーブマイルの馬柱は、こちら
◆井上オークスの「水沢競馬場○○な話」は、こちら
◆井上オークスツイッターは、こちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。